真面目な人は要注意|うつ病の症状は早めの対策で治せる【軽いうちに精神科を受診】

真面目な人は要注意

メンズ

一般型とは違う軽症型

人望のある人は真面目で責任感が強いという共通点もありますが、これはうつになりやすい人の特性とも一致します。特に、頼みごとを断れない人は無理を承知で引き受けてしまい、多くのストレスを抱えることからうつ病になりやすいのです。それでも適度にストレスを発散する術を持っていれば、発症リスクも下げられます。ところがこのタイプの人は、ストレスを抱えたことさえ自らに責任があると考え、自分を一層追い込んでしまうのが特徴です。また、完璧性に拘る人もうつ病になりやすい性格となっており、自分の限界を度外視して成し遂げようとします。しかし、うつ病を発症すれば集中力や思考力が落ち、今までできたことができなくなります。この症状が出た段階で精神科へ行けば良いのですが、うつ病になりやすい人は自らがうつであることを否定したり、隠したりするのが特徴です。このため症状がどんどん進んでしまい、病院へ行く頃には心身の状態が相当悪くなっている場合が少なくありません。そのほか、常に周囲の目を気にしているなど、自意識が高い人もうつに掛かりやすくなっています。絶えず他人に見られていると感じているため、服装や外見を整えたりしますが、ひそひそ話が自分の悪口だと決めつける場合も珍しくありません。度を過ぎれば被害妄想となり、対人恐怖症なども伴ってうつ病になるケースがあります。外来だけで治せるのが軽症型のうつであり、これは症状が悪化すれば入院も必要になる一般的なうつ病とは区別されています。一般的なうつ病は心が滅入ったり無気力感だったりが主な症状ですが、軽症型ではそれらの症状は少なく、不眠や疲労感などがメインです。発病原因は内因性に分類されており、抑うつ気分や、物ごとが面倒になるといった精神症状も混在します。しかし意欲の低下が見られる場合でも、仕事や家事ができない程ではないため、精神科で診てもらうという発想に至らないのが一般的です。特に頭痛や腹痛が主症状であれば、一般内科を受診する場合が多いのですが、根幹はうつ病ですので精神科や心療内科が最適になります。ただし、明確な発症原因が見当たらないケースも多く、その際は心理的な疲労として説明されることも珍しくありません。軽症型になる人は社会生活でも順調に適応している人が殆どですが、物ごとに対して拘りを持っている人が掛かりやすいのも特徴です。一方、うつ状態に加え、意欲が高まる躁状態も交互に訪れるのが躁うつ病であり、躁状態が激しいタイプをI型、躁状態が軽いタイプをII型と呼びます。治療方法は比較的確立されているため、薬でもコントロールでき、病院で治療を受ければ普段と変わらない暮らしも可能です。

Copyright© 2018 うつ病の症状は早めの対策で治せる【軽いうちに精神科を受診】 All Rights Reserved.