心の病をを克服する|うつ病の症状は早めの対策で治せる【軽いうちに精神科を受診】

心の病をを克服する

医者

予防の方法を考える

うつ病は、現代社会では誰もが発症の可能性がある病気です。症状が重くなるととても辛く、日常生活も困難になるやっかいな精神疾患の1つです。回復のためには、何といっても医療機関でのサポートが重要になりますね。治療はおもに十分な休養と抗うつ薬による治療の両輪で行われます。さらに医師や臨床心理士などによるカウンセリングも行われます。このような治療の流れにより、患者さん本人が自己管理しながら、うつの症状を緩和していくことが最終目標になります。十分な休養といっても、うつの患者さんにとっては休むこと自体に罪悪感を覚える場合もあり、うまくとれないことが多いです。特に仕事によるストレスや疲労は一定期間の休みをきちんととることが重要で、休職という選択肢もあり得ます。その場合は本人を納得させるために、家族のサポートが必要になることもあります。薬による治療には抵抗を持つ方もおられるでしょう。しかし、精神の病であっても、体の異常を治すという意味では他の病気と同じです。医師の診断により処方された薬を信頼して、治療を継続していくことが大切ですね。カウンセリングでは、認知行動療法などを行い、患者さんの思考パターンを柔軟なものに改善していくという治療が行われます。患者さんの中にはカウンセリングを面倒に思う方もいるようですが、うつ病の再発を防ぐ効果があるので、是非受け入れるべきですね。物事の捉え方は人により千差万別ですよね。それは、その人に長年しみついている癖のようなもので簡単には変えられないことも多いです。うつ病の傾向のある人は仕事上などで問題をかかえた場合に、他の人よりも不安やストレスをかかえこみやすい傾向があります。そのような不安感から、仕事が手に付かなくなったり、不眠状態に陥ったりすることも多いです。そんな時に、やれるだけのことはやって、その後は誰かにサポートしてもらうというような考えが湧いて来れば、感情や行動パターンはまるで異なったものになるでしょう。このような、ものの捉え方の修正は、なかなか自分自身ではできないですよね。なので、本格的なうつ病とまではいかないまでも、不眠や軽いうつ症状に陥った場合は、気軽に心療内科や精神科などを受診して、カウンセリングを受けることをおすすめします。症状が軽いうちに受診すれば、うつの重症化を防ぐことができますし、何よりも患者さん本人が楽になることでしょう。軽めの睡眠導入剤を処方してもらうだけでも、随分気分が楽になることもありますよ。また、医師の監修のもとで作成された、うつ病のチェックリストなどを利用して、今の自分の症状を確認してみるのも良いですね。いずれにしても、うつ症状を見逃さず早期に対応することが最大の予防策ではないでしょうか。

Copyright© 2018 うつ病の症状は早めの対策で治せる【軽いうちに精神科を受診】 All Rights Reserved.