うつ病の症状は早めの対策で治せる【軽いうちに精神科を受診】
看護師

無理しがちな年代

うつ病になると心と身体にさまざまな症状が出てきます。特に発症が多い中高年世代は、責任感が強く無理をしがちで、休養を躊躇う傾向にあります。休養目的の入院療法なども活用しながら病気と向き合っていくことも大事です。

メンズ

真面目な人は要注意

真面目で責任感が強い人のほか、自意識が高い人も、うつ病を発症しやすい人の特色です。また、この精神疾患には症状が重ければ入院も必要になる一般的なうつ病のほか、外来だけで治せる軽症型や、躁状態も加わる躁うつ病などもあります。

医者

心の病をを克服する

うつ病の治療は、十分な休養と抗うつ薬の使用が中心です。再発を防ぐために認知行動療法を行うこともあります。対策としては、不眠やうつ症状が現れたら早めに対処することですね。チェックリストで症状を確認したり、心療内科等を受診すると良いですね。

婦人

誤解されやすい心の病気

うつ病の大きな原因はストレスですが、発症しても本人が自覚しないこともあります。これは治療をすれば完治する病気で、抗うつ剤や抗不安薬などが使われます。また認知行動療法や対人関係療法といった精神療法などでも症状を緩和させていきます。

早めに対策をする

カウンセリング

病を知ろう

うつ病の代表的な症状として、気分の落ち込みややる気が出ないといったものや、食べられない眠れないといったものがあげられます。仕事などで大きなストレスにさらされることで発症することが多く、普段の日常生活を続けえ行く事も難しくなってしまいます。心の風邪と表現されることもありますが、普通の風邪であれば一定期間経過すれば自然に治ってしまいますが、うつ病の場合は一度かかってしまうと自分だけの力で改善する事が難しいと言われています。かかってしまった場合には少しでの症状が軽いうちに精神科を受診して適切な治療を受けたり、根源となるストレスを遠ざけたりすることが大切です。ですが、実際には本人が自分の症状を認めることが出来なかったり、周りの人間がストレスを苦に気分が落ち込むことを甘えだと判断して助けてくれなかったりする事で、症状を悪化させてしまう例も少なくありません。理想を言えば、最も身近な存在である家族が、本人の変化に気づいて医療機関へ連れていく事が重要で、そのためには、もっと多くの人がうつ病という病について偏見ではない正しい知識を持つ必要があります。早く治療を始めることで、回復や社会復帰が早くなる事も十分あるので、うつに早く気付いて適切な対応をできるようにしましょう。うつ病は精神疾患のひとつであることもあり、世の中にはいまだに心の弱い人がかかる病であるという偏見を持っている人も少なくありません。ある程度この病に対する知識を持っている人であっても、例えば自分にうつ病の症状が出てしまった時にはその事実を受け入れがたいものと感じてしまう事が多いのではないでしょうか。ですが、実際には誰しもかかる可能性のある病であり、うつ病の症状に苦しんでしまったとしても決して特別なものではありません。ただその中でも、性格上まじめで責任化の強いタイプはかかりやすい傾向にあると言われています。自分で何とかしようと頑張るばかりでなく、つらいと感じた時には誰かに助けを求めることが出来るようになると、うつ病のリスクは減らせるのではないでしょうか。対人関係のストレスなども同様で、自分の中にため込んで我慢してしまう人はうつ病にかかりやすいタイプであると言えるでしょう。ストレスを抱えて自分の中だけで何とかしようとするのではなく、どこかに発散することが出来るものを持つだけでも状況はずいぶん変わってくるでしょう。また、新入社員や部署の移動があった人など一気に環境が変わった人や、職場の人間関係に悩んでいる人はリスクが高い環境にいることになります。

Copyright© 2018 うつ病の症状は早めの対策で治せる【軽いうちに精神科を受診】 All Rights Reserved.